その他の業務について

活躍のフィールドは病院だけではありません。JA茨城県厚生連には病院全体の人事をサポートする総務部や、病院の健康管理活動を推進するための事業推進部、地域との良好な関係を築くことを目的に展開する広報活動など、その業務は多岐に渡ります。

(1)総務部(人事)
6病院の人事をサポートします。
医療従事者や事務職員の採用活動をはじめ、病院職員向けの様々な研修会を開催するなど、人事面で病院をサポートしています。特に採用活動においては各部門と密に連携し、より良い人材の確保に向けて様々な活動を行っています。就職説明会に向けた資料の作成やブースの設営など、学生へのアプローチを常に念頭に置いて業務にあたっています。

(2)総務部(広報)
茨城県厚生連と地域との関係を深める重要な役割を担っています。
茨城県厚生連の果たすべき役割と病院の使命や機能を分かりやすい形で地域に発信し、理解を深めてもらうための活動を行います。広報誌の発行に向けて企画会議を行いコンテンツを決めて取材を行います。この他にも農業新聞への寄稿やプレスリリース、ラジオ収録など、情報発信に向けて様々なアプローチを行います。
発想力や高いコミュニケーション能力が求められる業務です。

(3)管理部
病院運営に必要な資金・予算計画を統括する部署です。
将来の経営状況を予測し、どのような計画を立てるべきか、現在の財務状況を把握するとともに、経営視点で考える力が必要な重要なポジションです。経営層の職員との仕事が多く、会計に関する高度な知識が求められるので、日々成長できる魅力的な業務です。

(4)事業推進部
安定した経営基盤を確立するための新規対策を企画立案する部署です。
様々なデータを基に6病院の経営状況を把握・分析し、それぞれの特性に合った経営戦略を立案します。将来の医療情勢を捉える能力とデータ分析能力が求められますが、病院経営に貢献できるやりがいのある業務です。また、病院の健康管理活動推進を目的に、地域社会へアプローチします。JAグループとの連携はもちろん、企業訪問なども行います。高い営業力が求められる業務です。

  • 組織を支える上で最も重要となる人材確保に向けて、イベントへの出展はもちろん、オウンドメディアを駆使した求人広報を展開し、学生との繋がりを意識した求人活動を行っています。

    JA茨城県厚生連
  • 事業推進部は、6病院の健康管理部門の連携を図るためのパイプ役となり、各病院の特色を把握し、地域の皆さまのニーズに応えられるよう集客支援を行っています。

    JA茨城県厚生連
  • 地域や各連合会との繋がりを大切にした広報戦略を展開し、JA茨城県厚生連のブランディング構築を目指しています。

    JA茨城県厚生連