私たちの使命

厚生連は「農民の健康は農協組織の手で守り、明るく豊かな農村を築く」ことを目的に設立されました。茨城県における農村医療の取り組みは、農業協同組合の前身である産業組合からで、水戸市に病院を開設したのが始まりです。 戦中、戦後の医療荒廃期には、農民や地域住民の医療と健康管理、無医地区の医療に従事し、昭和20年代には農協の先覚者により県内16ヶ所に農協病院・診療所を開設して医療活動を行いました。 現在は、県内6ヶ所に病院(総ベッド数2359床)を集約、公的医療機関として地域に根ざした医療事業を展開し、「医療・保健・老人福祉事業を通じ、組合員ならびに地域住民の暮らしと健康を守り、明るく豊かな地域づくりへ貢献する」という理念のもと、6病院それぞれが地域の中核医療機関として診療機能の充実と安全、かつ高度な医療を心がけ、良質な医療・保健・福祉サービスを継続して提供することを目指しています。

welcome

6病院の特色

土浦協同病院

土浦協同病院

土浦市おおつ野四丁目1番1号

800床。第三次救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、他
土浦協同病院は茨城県南地域の基幹病院として、地域住民に対する保健・医療・福祉の向上を目指してより良い医療の提供を実践しています。そのために、施設の拡充、高度医療機器の導入、医師をはじめとする医療スタッフの充実はもとより専門機能別の施設で構成された総合的医療センターを構築しています。医療の質の向上と患者サービスを重視し、一般医療はもとより保健予防医療、救急医療、リハビリテーション、在宅医療など、すべてに対応した包括的医療を実践しています。

土浦協同病院なめがた地域医療センター

土浦協同病院なめがた地域医療センター

行方市井上藤井98-8

199床。回復期リハビリテーション病棟、他
医療過疎地といわれていた行方地域に、県や地元から強い要請を受け、H12年6月に厚生連6番目の病院として開院しました。MRI、CTスキャンなどの最新装置を導入し、行方地域における高度医療や第二次救急医療に対応する地域中核医療機関としての位置付けにあります。病室は個室と4床室の構成で、4床室でも1床あたり8平方mを確保し、快適な入院環境を提供しています。約4.2haの敷地内には500台を収容できる駐車スペースを確保するとともに、医師住宅と看護宿舎を併設し、緊急時の体制も整えています。オーダリングシステムを導入し、患者さんの予約や会計待ち時間の短縮も図っています。様々な設備と最新のシステムを導入し、地域に信頼される温かみのある病院を目指しています。

JAとりで総合医療センター

JAとりで総合医療センター

取手市本郷2丁目1-1

414床(感染症病床 1種:2床 2種:6床を含む)。第二次救命救急センター。回復期リハビリテーション病棟、他
JAとりで総合医療センターは、県最南の人口過密地域の中核病院です。「正確な、ムダのない医療」を職員一同の目標としています。MRI、CTスキャン、結石破砕装置などの最新医療装置はもちろん備えていますが、もっとも自慢できるのが人員の充実です。患者本位の医療を基本として、アメニティーの充実、インフォームド・コンセント、セカンドオピニオンなどにも積極的に取り組んでいます。

水戸協同病院

水戸協同病院

水戸市宮町3-2-7

389床。
水戸協同病院は、茨城県農協病院(16年)の始まりとして、農村生活環境と農村労働に起因する、いわゆる農村病や、障害に対して先駆的に地域医療を担ってきました。現在では最新の設備を駆使し、がんをはじめとする各種疾病に対し、各専門診療科の診療実績は地域の基幹病院として住民の厚い信頼を得ています。特に、整形外科で行っている「スポーツ外来」はスポーツ外傷の専門外来として、プロスポーツ選手をはじめ、大学・高校・中学生の運動部活動での外傷、小学生のスポーツ少年団における成長期特有の障害などを扱っており、診断治療だけでなくトレーニング方法などの具体的なアドバイスを含めた診療を行っています。

茨城西南医療センター病院

茨城西南医療センター病院

猿島郡境町2190

358床。第三次救命救急センター、地域周産期母子医療センター、他
県西地域の中核病院として、あらゆる疾患に対応できるよう体制を整備してきました。特に、第三次救急に対応する「救命救急センター」を設置し、24時間体制で診療に当たっており、県内はもとより隣接する千葉県、埼玉県、栃木県などからも救急車を受け入れ、地域における救急医療の最後の砦として活動しています。

県北医療センター高萩協同病院

県北医療センター高萩協同病院

高萩市大字上手網字上ヶ穂町1006番-9

199床。地域包括ケア病棟、他
地域医療の充実を目指し、県北地区の農家組合員や地域住民の生活習慣病をはじめとする疾患の早期発見、早期治療に取り組み、地域中核病院としての機能をいかんなく発揮して医療業務にあたっています。高齢者や慢性疾患の患者さんのQOL(生活の質)を高め、ADL(日常生活動作能力)を維持回復させるための訪問看護活動に積極的に取り組み、患者さんや家族がもつさまざまな問題を、生活に即した身近な方法で援助しています。

リハビリ部リハビリ部
リハビリ部

リハビリ部

薬剤部

薬剤部

栄養部

栄養部

臨床工学部

臨床工学部

リハビリ部

リハビリ部

ドクターヘリ

ドクターヘリ

リニアック

リニアック

アブレーション室

アブレーション室

title

title

title

title

title

title

title

title

title