遠藤洋平

チーム医療の一員として地域医療を支えたい

遠藤洋平

入職して3年目です。以前は介護施設の事務員として働いていました。診療報酬に詳しかったことや、PCに関する知識があったことから、周りのスタッフに臨床工学技士が向いていると勧められ、夜間の専門学校に通うことになりました。
社会人を経験してからの資格取得だったため、就職に関しては年齢を意識してしまい、総合病院での就職は半ば諦めていました。しかし、実習でお世話になった系列病院の土浦協同病院では転職された方が活躍しており、茨城県厚生連は年齢に関係なく活躍できる土壌があると知って就職を決めました。
1年目、2年目は透析担当として、3年目からは手術室、心臓カテーテル室、病棟の呼吸器をはじめとする様々な医療機器の管理を行っています。3年目からの業務は患者さんと接する機会は減りましたが、自分たちのメンテナンスする機械が患者さんの治療に繋がっているということにやりがいを感じています。私たちのミスは一歩間違うと大きな医療事故に繋がるため、緊張感を持って業務にあたっています。

遠藤洋平

臨床工学技士として、基本的な業務をしっかりとマスターし、ゼネラリストとして様々な事象に対応できるようになりたいです。その中で自分の得意とする分野を見つけ、極めていければと考えています。医療機器の専門家として、チーム医療の一員として、この地域の医療を支えていければと思います。
当院の臨床工学部は皆それぞれモチベーションが高く、学会にも積極的に参加しています。先輩のしっかりした指導もあり、安心して働ける職場だと思います。病院で自分の力を伸ばしたい人は是非見学に来てください。一緒に地域医療を支えましょう。

施設見学について

随時対応しています。見学を希望の方は臨床工学技士募集要項ページ下部にある「見学申し込みフォーム」に必要事項を記入し、送信して下さい。後日担当者からご連絡致します。