布施隆寛

患者さんの回復がやりがいになっています

布施隆寛

小・中・高と野球をしていました。高校で腰を痛め、理学療法士のお世話になったことがきっかけでこの職業に興味を持ちました。
地元は鉾田です。なれない土地で知り合いもいないこともあり、入職当時は不安でしたが、最初の3ヶ月間は先輩に付きっきりで指導して頂き、現在は1日8人〜10人のリハビリを行っています。担当させて頂いた患者さんの回復して行く姿が仕事へのモチベーションの向上に繋がっています。当院には整形外科や脳神経外科、外科、内科など、多岐にわたる疾患の患者さんがいます。将来的にはどんな患者さんが来ても対応出来るように技術を磨いて行きたいです。また、スポーツをしている若い方々のサポートも積極的に行っていければと考えています。

布施隆寛

仕事以外では週に1回、病院内の様々な職種の方と、バスケットやバレーボールなどを行っています。様々な職種の方と接することで輪が広がり、仕事の連携が取りやすくなっています。
茨城県厚生連病院は県内に6ヵ所あり、特徴もそれぞれ異なります。6病院のリハビリテーション部が集まる全体の研修では、各病院との情報交換を通じて幅広い視野を持つ事ができます。それを業務に活かせることがこの組織の強みだと思います。

施設見学について

随時対応しています。見学を希望の方は理学療法士募集要項ページ下部にある「見学申し込みフォーム」に必要事項を記入し、送信して下さい。後日担当者からご連絡致します。