矢幡奈那子

雰囲気の良い職場環境で成長しています

矢幡奈那子

父がリハビリに通う機会があり、そのときに作業療法士という職業を知りました。もともと、看護師や保育士といったひとと関わる仕事に興味があったため、作業療法士という仕事を調べていくうちに、身体障害だけでなく、精神障害にも関わるということを知り、幅広い領域で活躍できることに魅力を感じ、作業療法士を目指そうと思いました。
厚生連は茨城県内に6つの総合病院を抱える大きな組織であるため、より幅広い患者様と関わることができると考え入職を希望しました。実際に水戸協同病院を見学した際に、明るくアットホームな雰囲気に惹かれ、ここで働きたいと思いました。

矢幡奈那子

当院の作業療法部門ではスプリントの作成も行っており、作業療法士としてのアイディアが反映されることも多く、とてもやりがいがあります。医師とのコミュニケーションも取りやすく、患者様に関する意見交換も活発です。研究協力も得られやすい環境であり、症例も集まってきているため、今後はデータの整理等を行い、症例報告や学会発表などが行えるようになるとよいと思います。 病院を選ぶにあたって、勤務内容や立地はもちろんですが、私は職場の雰囲気を重視して選びました。水戸協同病院のリハビリテーション部の雰囲気は明るく、先輩方も楽しい方ばかりです。ぜひ一度見学にいらしてください。

施設見学について

随時対応しています。見学を希望の方は作業療法士募集要項ページ下部にある「見学申し込みフォーム」に必要事項を記入し、送信して下さい。後日担当者からご連絡致します。