岡崎颯士

部門の拡張を目指しています

岡崎颯士

養成校を卒業後は、実習でお世話になった東京の病院で2年間働いていました。ある研修会にて当院で働いている言語聴覚士の先輩と知り合ったのが転職のきっかけです。この病院の魅力を色々と教えていただき、ぜひ働いてみたいと思いました。
当院は診療科の数が多く、急性期から回復期までをカバーしているため、様々な病気の患者さんに対応しなければなりません。関わる期間も長く、容態の変化を知ることができ、セラピストとして幅広い経験を積むことができます。職種間の風通しも良く、医師、看護師、コメディカル間の情報共有もしっかりと行われています。

岡崎颯士

言語聴覚士として5年目となりますが、1年目の頃と比べると、患者さんの気持ちに寄り添えるようになってきたかなと思います。患者さんの予後予測が正確にできるようになってきたので、ご家族からの質問にもしっかりと答えられるようになりました。自分のリハビリで患者さんのやりたい事ができるようになり、感謝の言葉を掛けられた時はとても嬉しいですし、やりがいを感じます。
当院では急性期ならではのリスク管理も学べ、急性期から回復期まで患者さんに関わることのできる、セラピストにとってやりがいを感じられる施設です。当院のリハビリテーション部は大きな伸び代があります。一緒にこの部門の拡張をしていきませんか?多くの方の見学をお待ちしています。

施設見学について

随時対応しています。見学を希望の方は言語聴覚士募集要項ページ下部にある「見学申し込みフォーム」に必要事項を記入し、送信して下さい。後日担当者からご連絡致します。