事業案内

JA茨城県厚生連の事業をご案内します。

 JA茨城県厚生連は昭和23年に農協法に基づき設立され、幾多困難な途を辿りつつも公的医療機関として力強く年と共に発展を遂げ今日に至っております。
 本会は医療・保健・老人福祉事業を通じ、組合員ならびに地域住民の暮らしと健康を守り、明るく豊かな地域づくりへ貢献するという理念を掲げており、各病院とも中核医療機関として診療機能の充実と安全、かつ高度な医療を心がけ、良質な医療・保健・福祉サービスを継続して提供することを目指しています。
 日々めまぐるしく変化する社会情勢の中で損税問題、医師不足等、病院経営を取り巻く環境はますます厳しくなっておりますが、JAグループ・行政・関係団体等との関係をさらに密にし、職員一人ひとりの資質の向上と意識改革を進め課題解決を図っていきたいと考えています。
 皆様が安心した暮らしを送り、健康を享受することが出来るよう役職員一丸となって取り組んでまいりますので皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 JA茨城県厚生連は、県内に6病院と2つの診療所を有し、地域に根ざした医療事業を展開しています。高度で専門的な総合診療機能を充実させるとともに、24時間体制の救急医療にも力を入れ、年間約2万件の救急患者を受け入れています。
 我が国は世界的に高い水準の保健医療を維持しており、平均寿命も世界でトップクラスの順位を保っています。今後、本格的な高齢社会に突入し、ますます医療・介護の需要増加が見込まれます。このような情勢のなか、公的医療機関として、政策医療を担い地域医療を継続していくため、6病院を2グループに分け、病院間連携による「三位一体の運営」を実施しております。厚生連全体の医療資源の最適化を図り安定的な病院経営を通じたより質の高い医療サービスの提供と高度な患者満足度の実現をさらに進めてまいります。
 最後になりますが、今後も皆様の暮らし・健康・命を守り、茨城県の医療・保健・福祉の発展のため努力を重ねてまいりますのでご支援・ご指導をお願いいたします。

 厚生連は『農民の健康は農協組織の手で守り、明るく豊かな農村を築く』ことを目的に設立されました。公的医療機関として地域に根ざした医療事業を展開し、現在県内6カ所に病院(総ベッド数2,359床)を集約しております。身近なところで、高度でしかも専門的な診療がいつでも受けられる施設を目指し、救命救急センター(第三次救急)、または24時間体制で緊急で重篤な患者さんを受け入れる(第二次救急)体制に対応しております 。
 また、健康管理センターを中心に『人間ドック』や『事業所検診』などの保健予防活動にも積極的に力を入れております。高齢者の在宅医療につきましても、県より訪問看護ステーション、居宅介護支援事業者の指定を受け活動を展開しております。

理念と行動目標
理念
JA茨城県厚生連は、心のかよう医療・保険・老人福祉事業を通じ、組合員ならびに地域住民の暮らしと健康を守り、明るく豊かな地域づくりに貢献します。

行動目標

  1. 私たちは、JAグループとともに保健事業・老人福祉事業を通じ、組合員・地域住民の健康管理と保健衛生の向上をはかり、高齢者及び高齢者を支える家族の支援に努めます。
  2. 私たちは、公的医療機関として、地域のニーズを尊重し、診療機能の充実とサービスの向上に努め、良質で高度な医療を提供し地域から信頼される病院を目指します。
  3. 私たちは、医療人として人間性を磨くとともに、常に研さんを積み、知識と技術の習得に努めます。

概要
名称茨城県厚生農業協同組合連合会
所在地茨城県水戸市梅香1丁目1番4号
設立年月日昭和23年8月10日認可
会員数21(平成31年2月1日現在)
出資金3,551,810千円(平成31年2月1日現在)
事業内容◎医療事業 ◎保健活動事業 ◎老人福祉事業
従業員数4,174人(平成31年2月1日現在)
施設総合病院 水戸協同病院
県北医療センター高萩協同病院
総合病院 土浦協同病院
土浦協同病院附属真鍋診療所
JAとりで総合医療センター
茨城西南医療センター病院
茨城西南医療センター病院附属八千代診療所
土浦協同病院なめがた地域医療センター
土浦協同病院附属看護専門学校

あゆみ
農業協同組合の医療事業は、大正8年11月、島根県でうぶ声をあげました。窮乏している農村地域の無医地区の解消と低廉な医療供給を目的に、当時の「島根県青原村信用購買販売利用組合」が医療事業を兼営したのがはじまりです。
その後、この運動は全国的に広がり戦時中は農業会に引きつがれ、昭和23年、農業会の解散をうけて、農業協同組合法の施行とともに厚生連がこれを継承して現在に至っています。
茨城県における農村医療の取り組みは、昭和16年、水戸市に病院を開設したのがはじまりです。戦中戦後の医療荒廃期には、農民や地域住民の医療と健康管理、無医地区の医療に従事し、昭和20年代には県内16か所に病院や診療所を開設して医療活動を行いました。
現在は、県内6ヵ所に病院(総許可病床数2,359床)を集約し、公的医療機関として地域に根差した医療事業を展開しています。各病院とも中核医療機関として、診療機能の充実と安全、かつ高度な医療を心がけ、組合員をはじめ地域住民に良質な医療・保健・福祉サービスを継続して提供することを目指しています。

昭和23年8月農協法により茨城県厚生農業協同組合連合会を設立
昭和25年9月名称を茨城県医療農業協同組合連合会に変更
昭和26年8月医療法による公的医療機関の指定を受け、県から無医村地区巡回診療を委託される
昭和39年10月胃集団検診車による検診を開始
昭和40年10月第14回日本農村医学会総会を水戸市で開催
昭和46年9月名称を茨城県厚生農業協同組合連合会に変更
昭和50年2月第1回茨城県農民の健康会議開催
昭和57年10月第31回日本農村医学会総会を土浦市で開催
昭和60年1月大蔵大臣より非課税法人として認可
平成2年4月厚生省より総合病院土浦協同病院救命救急センター認定
平成2年6月土浦協同病院附属看護専門学校移転、新築(石岡市三村)
第40回日本病院学会総会をつくば市で開催
平成3年5月土浦協同病院農村健康管理センターを、旧附属看護専門学校跡へ移転
平成6年6月猿島協同病院を茨城西南医療センター病院に改名
平成6年10月第43回日本農村医学会総会をつくば市で開催
平成7年7月総合病院土浦協同病院茨城県地域がんセンターを開設
平成10年6月厚生省より総合病院土浦協同病院を臓器提供施設に認定
平成12年4月厚生省より茨城西南医療センター病院救命救急センター認定
平成12年6月なめがた地域総合病院開設
平成13年10月第50回日本農村医学会総会をつくば市で開催
平成16年5月茨城西南医療センター病院附属八千代診療所を開設
平成17年6月取手協同病院感染症病棟開設
平成18年4月高萩協同病院を高萩市上手綱に移転新築し、県北医療センター高萩協同病院に改名
なめがた地域総合病院地域救命センター開設
平成19年6月第57回日本病院学会総会をつくば市で開催
平成20年11月第57回日本農村医学総会をつくば市で開催
平成21年4月水戸協同病院に筑波大学附属病院水戸地域医療教育センターを開設
平成23年4月取手協同病院をJAとりで総合医療センターに改名
平成28年3月総合病院土浦協同病院が土浦市おおつ野へ移転新築
平成28年4月なめがた地域総合病院を土浦協同病院なめがた地域医療センターに改名
平成28年8月土浦協同病院附属看護専門学校が土浦市おおつ野へ移転新築
平成29年3月土浦協同病院附属真鍋診療所を開設